食べて痩せれるキャベツダイエット

キャベツダイエットは、食前によく噛んで食べることで、満腹中枢を刺激して、カロリーを抑えて痩せる方法です。

この方法の大きな特徴は、できるだけ空腹感を満たす所にあります。
それにカロリーが少なくて、ビタミンCが含まれるキャベツは、サラダなど料理に応用しやすいので、ダイエットに最適な食材だと言えます。

このダイエット法のポイントは、時間を掛けてよく噛むことで、10分間かけて食べた方がより効率に行なえると思います。
またそのまま食べるとおいしくもないので、ノンオイルのドレッシングをかけてもいいのではないでしょうか。

この方法の注意点として、キャベツは生で食べて下さい。
火を通してしまうとビタミンCが壊れてしまい、栄養分が減りますし、ふにゃふにゃと柔らかくなって食べ応えがなくなり、10分間噛み続けるのが難しくなります。
食事をする時間もなるべく遅い時間にならない方が、人間の活動時間的に良いと思います。

キャベツを使ったこの痩せる方法は、カロリーを抑えるため他の栄養分が疎かになりがちになると思います。
ですから、筋肉量を維持するために、必ず一日タンパク質70グラムを目安に取った方がよいでしょう。

キャベツを食べているからといって、普通のご飯も同じように食べていたら意味がないので、注意して行なって下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ