香辛料を使わない脂肪燃焼ダイエット

香辛料や辛い物を食べて、カプサイシンを摂取しなくても脂肪を燃焼させてダイエットする方法はいくつかあります。
そのいくつかを紹介しようと思います。

まずは、ご飯を食べる前に焼きトマトを食べるのがいいでしょう。
通常トマトは、身体を冷ます性質を持っているのですが、加熱処理をすることによって、リコピンの吸収率が上がり、脂肪燃焼の効果がアップするのです。
それに甘みも上がるので、おいしく頂けるでしょう。

それ以外にも、梅干しを焼いて、糖とクエン酸を結合させる方法や食前のしょうが紅茶、食事中に取るウーロン茶なども身体の代謝を上げるのに良いとされています。
また、カフェインの脂肪酸濃度を上げる効果を利用して、運動の前にコーヒーを飲むことによって、脂肪の分解に役立てることも可能なのです。

焼きトマトや焼き梅干しの作り方ですが、オーブンレンジやフライパンなどで焦げないようにして、焼いてもらったらいいだけです。
焦げてしまうと発がん性物質が心配なので、やり過ぎはいけません。

このように、食品の持つそれぞれの成分の働きを利用するダイエット方法はさまざまあり、アイデア次第ではもっとたくさん見つかるかもしれません。
そのアイデアも食べ方や食べるタイミングもあると思うので、自分独自のダイエット方法を見つけたり、作ったりするのも楽しいのではないでしょうか。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ