飲むだけで良い炭酸水ダイエット

ガスでお腹が膨れた感じがする炭酸水でもダイエットをすることができます。
そのガスが重要で、満腹感を得られやすいのがこの炭酸水なのです。
そして、炭酸水自体にカロリーはほぼないので、いくら飲んでも太ることはないでしょう。

市販の物でも充分ですが、炭酸水は誰にでも簡単に作れます。
まずは、掃除用ではなく医薬品の重曹を用意して、クエン酸またはレモン汁を1コップに対して1gずつ入れて、200mlの水を加えて混ぜれば完成です。

炭酸水ダイエットを正しく行なうコツですが、ガスでお腹が膨れるので食前に飲むことをお薦めします。
それと、1日に数回飲めばいいのですが、一気にまとめて飲むのではなく、ご飯やおやつの度に飲むようにしましょう。
また、炭酸の特徴として、食欲のバランスを整えようとする力がありますので、場合によっては、食事をしながら飲むのもいいかもしれません。

この炭酸水を用いたダイエットは水の代わりに飲むだけでいい簡単な方法ですが、注意点もあります。
腎臓や心臓に障害がある人、妊娠中の人などは、重曹を含んだ炭酸水を飲用してはいけません。
ですが、重曹が使われていない市販の炭酸水でナトリウムがほとんど使われていない物だとそこまで心配する必要はないかもしれません。

炭酸水を飲むだけで簡単に続けられるこの方法を試してみましょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ