悩まなくてもいい低インシュリンダイエット

カロリーではなく、インシュリンの分泌に着目した低インシュリンダイエットも良い方法だと思います。
普通ダイエットだと、難しいカロリー計算をして、頭を悩ましながらするものですが、この低インシュリンダイエットは血糖値によって食べる物を決めます。

その血糖値でも急激に上がる食べ物とゆっくり上がる食べ物があって、ゆっくり上がる食べ物を食べないといけません。
それを表しているのが、GI値(グリセミック・インデックス)という数値で、この数値が低いほどダイエットに向いた食品だということです。

この数値を意識して、メニューを決めるのではなくて、使う材料をGI値の低い物に変えればいいのです。
例えば、白米を玄米に、じゃがいもからさつまいもに、にんじんをトマトに、食パンをライ麦パンにという風にすればいいのです。
当然調味料も変更しますが、タンパク質はしっかり取らないとインシュリンの分泌を抑えることができないので、脂身は避けて肉も摂取していいのです。

根菜類や魚を中心とした健康メニューになりますし、調理方法によってはGI値を抑えることも可能です。
数字に悩まされることなく健康メニューを取り入れて、この方法を試してみてはどうですか。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ